Category Archives: 歴史的音源

クーベリック/モーツァルト:「劇場支配人」K.486 序曲/フィルハーモニア管弦楽団

モーツァルト:「劇場支配人」K.486 序曲 ラファエル・クーベリック指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1952年録音 「劇場支配人」はお芝居に音楽がつくという「ジングシュピール」と呼ばれる形式の音楽です。 ですから、正式

クーベリック/モーツァルト:「ドン・ジョバンニ」K.527 序曲/フィルハーモニア管弦楽団

モーツァルト:「ドン・ジョバンニ」K.527 序曲 ラファエル・クーベリック指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1952年録音 クーベリックという人は力ずくでオケに言うことを聞かせるタイプの指揮者ではなかったようです。 19

クーベリック/マーラー:交響曲第5番/コンセルトヘボウ管弦楽団

マーラー:交響曲第5番 ラファエル・クーベリック指揮 コンセルトヘボウ管弦楽団 1951年録音 コンセルトヘボウにはマーラー演奏の長い歴史があります。 マーラー自身も何度もコンセツトヘボウの指揮台に立っていますし、メンゲ

クリュイタンス/ラヴェル:ラ・ヴァルス/パリ音楽院管弦楽団

ラヴェル:ラ・ヴァルス アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団 1951年4月30日録音 この録音はミンシュからコンセルヴァトワールのオケを引き継いでから2年後の録音です。クリュイタンスはこのオケを引き継いです

クーセヴィツキー/ラフマニノフ:ヴォカリーズ/ボストン交響楽団

セルゲイ・ラフマニノフ:ヴォカリーズ セルゲイ・クーセヴィツキー指揮 ボストン交響楽団 1945年3月31日録音 私はこのラフマニノフの「ヴォカリーズ」という作品はどうにも好きになれませんでした。 しかし、その好きになれ

クリュイタンス/ラヴェル:スペイン狂詩曲/パリ音楽院管弦楽団

ラヴェル:スペイン狂詩曲 アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団 1951年10月31日録音 クリュイタンスとパリ音楽院管弦楽団によるラヴェル作品の録音と言えば、今も揺るぎないスタンダードとしての地位を保ってい

3 / 1712345...10...最後 »