カール・ベーム/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲/(Vn)マックス・シュトループ

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61 カール・ベーム指揮 (Vn)マックス・シュトループ シュターツカペレ・ドレスデン 1939年録音 「マックス・シュトルーブ」というヴァイオリニストははじめてその名前を

ベーム/レオンカヴァルロ:「道化師」間奏曲/シュターツカペレ・ドレスデン

レオンカヴァルロ:歌劇「道化師]間奏曲(SKD 1938) カール・ベーム指揮 シュターツカペレ・ドレスデン 1938年録音 カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲ほどには有名ではないのですが、音楽としての美しにかんしては

ベーム/さまよえるオランダ人序曲/シュターツカペレ・ドレスデン

ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 カール・ベーム指揮 シュターツカペレ・ドレスデン 1939年録音 ベームとナチスの関係を辿ってみれば面白いエピソードに出会います。 それは戦争が終わってナチスとの関係を問い糾

ベーム/マイスタージンガー前奏曲/シュターツカペレ・ドレスデン

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 カール・ベーム指揮 シュターツカペレ・ドレスデン 1939年録音 別のところでも少しふれたのですが、戦争の時代に生きざるを得なかったドイツの文化人は

カール・ベーム/カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲/シュターツカペレ・ドレスデン

カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲 カール・ベーム指揮 シュターツカペレ・ドレスデン 1938年録音 切なくも美しく、そして情熱的な旋律が何度も繰り返されながら、次第に盛り上がり、そして最後は再び静かに消え去っていく「間

2 / 1712345...10...最後 »