モントゥー/ダンディ:歌劇「フェルヴァル」第1幕への序奏」/サンフランシスコ交響楽団

ヴァンサン・ダンディ:歌劇「フェルヴァル」第1幕への序奏
ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1945年1月27日録音

こういうあたりまで来ると、いったいどういう音楽なのか見当もつかなくなってきます。

ダンディはその生涯に6曲の「歌劇」を残しているようなのですが、この歌劇「フェルヴァル」なる作品がどのようなものなかはあれこれ調べてみたものの、よく分かりませんでした。
さらに調べてみると、彼の代表作と言われる「異邦人」なる歌劇でさえも、2010年に発録音されたというのですから、おそらくは「歌劇」そのものは忘却の彼方に沈んでしまっていると言うことなのでしょう。

そう言う意味では、せめもの、この「第1幕への序奏」だけが辛うじてコンサート・ピースとして残ったのは幸せだったのかも知れません。
とはいえ、その序奏にしてもGoogle検索してみればこのモントゥーの録音が真っ先にあがってきますから、この録音は実に貴重なものだといえるのかもしれません。


«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です