カール・ベーム/ブラームス:ピアノ協奏曲第2番/ヴィルヘルム・バックハウス

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品83

カール・ベーム指揮 (P)ヴィルヘルム・バックハウス シュターツカペレ・ドレスデン 1939年録音

ベームとバックハウスによるブラームスのコンチェルトと言えば、1967年盤が今も不朽の名盤としての地位を保っています。あの冒頭のウィンナ・ホルンのソロを聞くだけで当然たる気持ちにさせられる素晴らしい演奏でした。
ただし、そんな事を書くと、それじゃ肝心のバックハウスのピアノはどうなんだと言われそうなのですが、そこはもう、その時バックハウスは80歳を超えていたと言うことだけを申し述べておきましょう。(^^;

そりゃぁ、評論家先生というのは上手いこと言いますよ。
「年を経るに従って外面的な美しさを捨て去り、晩年には男性的な極みともいうべき武骨さを身上とする演奏家へと変貌を遂げました。」なんてのは実に上手い言い回しです。(^^v
それでも、「晩年の芸風を余すところなく伝える演奏」なんてのは、字面をじっくりと眺めていると褒めてるのか貶してるのか分からなくなりますね。

それに対して、こちらは30年近く前の1969年の録音ですから、バックハウスは50代、ベームは未だに40代でした。
気力、体力ともに充実しきった頃の録音と演奏です。

そして、オーケストラはシュターツカペレ・ドレスデンです。
この時代のシュターツカペレ・ドレスデンは古き良きドイツそのものでした。そして、その伝統は戦争によって永遠に失われてしまったのですから、この組み合わせはこの上もなく貴重な歴史的遺産と言っていいでしょう。


«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です