クナッパーツブッシュ/モーツァルト:交響曲第40番

モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 k.550

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1941年11月9日録音

1941年11月9日に行われたムジークフェライン・ザールでのウィーン・フィルとの放送用録音と言われていますが、Huntでのデータでは11月19日となっています。
録音の冒頭部分は鼻がつまったような音質なのでいささかウンザリするのですが、聞き進んでいくうちに改善されますので1~2分は辛抱が必要です。
とは言え、30年代のセッション録音などと較べるとかなりクオリティが落ちます。

ただし、第1楽章冒頭の、あの有名なフレーズにかけられたポルタメント聞くと、思わず「おおーっ!」と思うでしょう。
1956年にワルターがウィーンで行ったあの有名な演奏会でのポルタメントほどはどぎつくはないのですが、このやり方がドイツ圏では一つの伝統として継承されていたことがうかがえて面白いです。

ただし、その後は至極真っ当なので、彼に真っ当でないものを求める人には物足りないかもしれません。
それどころか、50年代のヨッフムやベームのような定番演奏と較べればはるかにスッキリとしていて、あの鈍重な雰囲気は全くないのには驚かされます。

さらに、クナッパーツブッシュのモーツァルトというのは結構珍しいので、その意味でも貴重な録音です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です