Category Archives: 指揮者

エーリヒ・クライバー/ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「オーストリアの村つばめ/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「オーストリアの村つばめ」 op.164 エーリヒ・クライバー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1933年録音 20年代にはポルタメントを多用したウィンナー・ワルツを聞かせてくれてい

エーリヒ・クライバー/ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「千夜一夜物語/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「千夜一夜物語」op.346 エーリヒ・クライバー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1932年録音 20年代にはポルタメントを多用したウィンナー・ワルツを聞かせてくれていたものが、

エーリヒ・クライバー/ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「酒、女、歌」/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「酒、女、歌」 op.333 エーリヒ・クライバー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1932年録音 20年代にはポルタメントを多用したウィンナー・ワルツを聞かせてくれていたものが、

モントゥー/ダンディ:歌劇「フェルヴァル」第1幕への序奏」/サンフランシスコ交響楽団

ヴァンサン・ダンディ:歌劇「フェルヴァル」第1幕への序奏 ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1945年1月27日録音 こういうあたりまで来ると、いったいどういう音楽なのか見当もつかなくなってきます。 ダ

モントゥー/ダンディ:交響的変奏曲「イスタール」/サンフランシスコ交響楽団

ヴァンサン・ダンディ:交響的変奏曲「イスタール」 作品42 ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1945年1月27日録音 これもまた珍しいダンディの作品です。 そして、この作品について調べていて気づいたの

モントゥー/フランスの山人の歌による交響曲/サンフランシスコ交響楽団

ヴァンサン・ダンディ:フランスの山人の歌による交響曲 作品25 ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1941年4月21日~22日録音 ピエール・モントゥーと言えばこのサンフランシスコ交響楽団と強く結びつい

クナッパーツブッシュ/ジークフリートのラインへの旅/ウィーン・フィル

ワーグナー:ジークフリートのラインへの旅 ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1940年5月12日録音 観客席のざわめきが聞こえるのでライブ録音のようなのですが、調べてみると帝国放送局に

クナッパーツブッシュ/ベートーベン:交響曲第7番/ベルリン国立歌劇場管弦楽団

ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92 ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団 1929年11月19日録音 クナパーツブッシュの経歴を詳しく調べていると、世上で言われるほどには「白く」はなかっ

エーリヒ・クライバー/ヨーゼフ・ランナー:ワルツ「シェーンブルンの人々」/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヨーゼフ・ランナー:ワルツ「シェーンブルンの人々」 op.200 エーリヒ・クライバー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1931年録音 ヨーゼフ・ランナーはウィンナ・ワルツの様式を確立した音楽家であり、「ワルツの