仏像の様式を追う(3)~天平仏(1)

白鳳仏から天平仏への分岐点は言うまでもなく平城遷都です。 古代国家の形が整い、仏教は現世利益、特に国家鎮護の役割が期待されました。その象徴が言うまでもなく東大寺の毘盧遮那仏であるのですが、天平の仏の特徴は無邪気なまでの仏

続きを読む »

仏像の様式を追う(2)~白鳳仏

飛鳥仏から白鳳仏への変容 飛鳥仏はいまだ「蕃神」であった仏を「蕃神」であるがようにかたち取った仏像ではなかったかと思います。もちろん、それは私個人の感覚であるのですが、その姿は異国の神である「蕃神」そのもののように思えま

続きを読む »

仏像の様式を追う(1)~飛鳥仏

自分のための覚え書き 日本という国の根っこには何を持ってしても変わろうとしない「古層」が存在するようです。 政治学者の丸山真男は、それをバッハのシャコンヌにたとえて説明していました。 シャコンヌとは低声部に4つ、もしくは

続きを読む »