仏像の様式を追う(4)~天平仏(2)

木芯乾漆像の登場 「脱活乾漆」という技法で仏像を制作するには大変な資金を必要とします。その資金をまかなうためには、それが「国家事業」として推進されることが不可欠の条件でした。どれほどのお金持ちであっても、個人レベルの資産

続きを読む »

河内長野市岩湧寺の秋海棠

秋海棠という花は、一般的には庭の片隅でひっそりと咲いているというイメージがあります。 おそらく、この岩湧寺のような大群落は珍しいのではないでしょうか。 なお、第1駐車場よりもさらに上にも駐車場があるのですが、基本的にはキ

続きを読む »

桜井市笠地区のそばの花

そばの花など言うものは信州あたりにでも出かけなければ見られないものと思っていました。 ところが、奈良の桜井市でそばを栽培しているところがあるというのです。 はじめたのは10年ほど前のことで、今ではかなり広いそば畑がひろが

続きを読む »

仏像の様式を追う(3)~天平仏(1)

白鳳仏から天平仏への分岐点は言うまでもなく平城遷都です。 古代国家の形が整い、仏教は現世利益、特に国家鎮護の役割が期待されました。その象徴が言うまでもなく東大寺の毘盧遮那仏であるのですが、天平の仏の特徴は無邪気なまでの仏

続きを読む »

仏像の様式を追う(2)~白鳳仏

飛鳥仏から白鳳仏への変容 飛鳥仏はいまだ「蕃神」であった仏を「蕃神」であるがようにかたち取った仏像ではなかったかと思います。もちろん、それは私個人の感覚であるのですが、その姿は異国の神である「蕃神」そのもののように思えま

続きを読む »

仏像の様式を追う(1)~飛鳥仏

自分のための覚え書き 日本という国の根っこには何を持ってしても変わろうとしない「古層」が存在するようです。 政治学者の丸山真男は、それをバッハのシャコンヌにたとえて説明していました。 シャコンヌとは低声部に4つ、もしくは

続きを読む »

国宝指定の意味するもの

現在国宝指定されている十一面観音は7体です。 渡岸寺(滋賀県)の木造十一面観音立像 観音寺(京都府)の木心乾漆十一面観音立像 六波羅蜜寺(京都府)の木造十一面観音立像 聖林寺(奈良県)の木心乾漆十一面観音立像 室生寺(奈

続きを読む »

聖林寺十一面観音~偉丈夫の仏

捨てられていた十一面観音 聖林寺の十一面観音が辿った数奇な運命はよく知られているのですが(^^;、知らない人は知らないのですから、簡単に紹介しておきます。 聖林寺の本尊は地蔵菩薩です。十一面観音とは全く縁もゆかりもないお

続きを読む »